セイバーメトリクス【意外と知らない野球用語】

セイバーメトリクス(SABRmetrics、sabermetrics)

 野球のデータを統計学的に分析し、チームの戦法に役立てる考え方。アウトになるまでに奪う得点を最大化するという考え方に基づく。アメリカ野球協会(Society for American Baseball Research)の頭文字であるSABRと、測定基準を意味するmetricsを組み合わせた造語で、1970年代に野球ライターのビル・ジェームズにより提唱された。

 2000年代にアスレチックスが、セイバーメトリクスを導入した球団編成で成功を収め、MLBを中心に広がっていった。主なセイバーメトリクスの指標には、打者の出塁率と長打率を足した「OPS」や、投手が1イニングあたりに四球と安打で何人の走者を許したかを示す「WHIP」などがある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED