打撃妨害【意外と知らない野球用語】

打撃妨害

 守備側の選手が、相手チームの打撃を妨害すること。インターフェアとも言う。よく見られる打撃妨害には、捕手が打者のスイングに触れてしまうケースがある。

 打撃妨害を受けた打者には一塁が与えられるが、打撃妨害を受けて二塁打を打った場合などは、攻撃側が有利な方を選択することができる。

 反対に、攻撃側の選手が守備機会を妨害することを守備妨害という。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED