長打【意外と知らない野球用語】

長打

 二塁打、三塁打、本塁打のこと。一塁まで進塁したヒットは単打という。長打力のある打者をスラッガー(Slugger)と呼ぶ。NPBでのシーズン最高長打率は2013年のバレンティン(ヤクルト)で.779。通算記録では王貞治の.634(4000打数以上)。

 長打率は1打数平均の塁打数を表している。IsoPは打者を評価する指標の1つで、長打率と打率の「差」で求めることができる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED