ディレードスチール【意外と知らない野球用語】

ディレードスチール

 投手が投球動作をしていないときに行う盗塁のこと。投球動作に入った時にスタートを切るのが一般的だが、ディレードスチールではセットポジションの時や、捕手にボールが届いてからスタートを切る。

 牽制が得意な投手や、クイック投球が速くて通常の盗塁が難しい場合に用いられる。多くは第2リードを大きく取り、捕手が捕球に集中する瞬間に盗塁を試みる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED