任意引退選手【意外と知らない野球用語】

任意引退選手

 現役引退を自ら希望した選手のことを指す。選手が球団に理由を記した引退申請書を記入し、球団がコミッショナーに意見書を添付して提出。正当なものと判断された場合、任意引退選手として公示される。反対に、球団から選手の契約を解除することを自由契約という。

 現役選手として復帰する場合は、引退当時に所属した球団に復帰しなければならない。また、アマチュア野球の指導に制限がかかるため、任意引退を選ばないケースもある。2020年、新庄剛志が現役復帰を目指したが、引退当時の球団である日本ハムは任意引退選手を抹消し、自由契約公示することで12球団と契約が結ぶことが可能になった。2009年以降の任意引退選手は公示後3年で自由契約扱いになる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED