ハーフスイング【意外と知らない野球用語】

ハーフスイング

 打者がスイングを途中で止めること。ハーフスイングが空振りになったかどうかは明確な基準がない。審判は「打者に打つ意思があったかどうか」で総合的に判定を下す。

 ハーフスイングがストライクと宣告されなかった時だけ、監督または捕手が塁審のアドバイスを要請することができる。その際、塁審の裁定が最終決定になる。

 高校野球特別規則ではバントでも塁審にアドバイスを要請することが認められている。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED