バックドア【意外と知らない野球用語】

バックドア

 打者の外角のボールゾーンから曲げてストライクになる投球のこと。右投手の場合、右打者に対しては、シュート系の変化をするボール。左打者に対しては、スライダー系のボールを外角に投げることを指す。

 打者を「正面玄関」、ホームベースを「家」とそれぞれ見立て、裏口(バックドア)から家に入ってくるような軌道を描くことから、そう呼ばれるようになった。

 打者にとって遠い位置からストライクゾーンに入ってくるため、見逃しを奪いやすく、カウントを稼ぐ球として使用される。反対に、打者の内角から入れる投球を「フロントドア」という。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED