振り逃げ【意外と知らない野球用語】

振り逃げ

 第3ストライクのボールを捕手がノーバウンドで捕球できなかったとき、打者が一塁への進塁を試みることができるルール。無死または1死で一塁に走者がいない、もしくは2死の場合にのみ振り逃げをすることが可能。振り逃げが記録されると、三振と暴投もしくは捕逸が記録される。

 公認野球規則に「振り逃げ」という記載はない。例え第3ストライクを見逃したとしても、捕手が後逸などした場合は、一塁への進塁を試みることができる。菅野智之投手は東海大相模時代、「振り逃げ3ラン」という珍しいプレーを記録している。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED