ポスティングシステム【意外と知らない野球用語】

ポスティングシステム

 メジャー移籍を希望するNPB所属選手との交渉権を、MLB球団が入札により獲得する制度。交渉権を獲得した球団は選手と契約に至れば、元所属球団に譲渡金を支払う。海外FA権と異なり、選手がポスティングを希望しても所属する球団の承認が必要。

 1998年に導入された。当初は譲渡金の上限はなかったが、高騰化に伴って2013年オフからは上限を2000万ドルに設定。2018年以降は契約金と年俸総額に応じて決定されることになっている。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED