マイナーオプション【意外と知らない野球用語】

マイナーオプション

 メジャー契約からマイナー契約への変更を他チームに公示せずに行うことができる権利。他球団に取られるリスクがなく、選手をマイナー降格にすることができる。

 選手はキャリアを通じて3回(3年)のマイナーオプションが与えられる。通常、3回使い切った選手をマイナー降格させるときはアウトオブオプションと言われ、ウエーバー公示にかける必要がある。サービスタイムが5.000以上の選手は、本人の同意なしにマイナー降格させることができない。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED