マイナーリーグ【意外と知らない野球用語】

マイナーリーグ

 メジャーリーグの下部組織の総称。これまでは独立して運営されていたが、2021年からはMLBが完全に傘下に収めて運営される。

 チーム数は2020年までの160から120に削減。全30球団が3A、2A、2つの1Aの計4チームを置く形になる。選手の待遇改善がなされ、2021年シーズンの年俸は38~72%増加する見込み。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED