名球会【意外と知らない野球用語】

名球会

 1978年に創設された一般社団法人「日本プロ野球名球会」の略称。投手は200勝以上か250セーブ以上、野手は2000本安打以上で入会資格を得る。

 近年、日本人メジャーリーガーが多く誕生したこともあり、日米通算成績も入会資格になった。その一方、大物メジャーリーガーが来日してきたケースに苦慮した結果、NPBでの記録が起点とされている。

 日本でプロ選手としてのキャリアをスタートさせたアルフォンソ・ソリアーノは、広島で2安打、MLBで2095安打と条件は満たしているが、2020年時点で入会には至っていない。また、落合博満は通算2371安打を放っているが、入会を辞退している。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED