メンドーサライン【意外と知らない野球用語】

メンドーサライン

 極度に打率の低い打者に対するボーダーライン。具体的には打率2割が基準になっている。主にMLBで用いられている。

 1970年代から80年代にかけてパイレーツなどに在籍していたマリオ・メンドーサの打率が低いことをチームメートがからかって、メンドーサラインという言葉が広まった。

 マリオ・メンドーサの生涯打率が.215であることから、.215をメンドーサラインと呼ぶこともある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED