遊撃手【意外と知らない野球用語】

遊撃手

 内野手で二塁と三塁の間で守る選手。ショートストップともいい、守備番号は6。守備範囲が広く一塁までの距離も遠いため、足の速さや肩の強さ、打球判断の能力などが求められ、「守備の華」とも称される。

「遊撃手」という言葉は、中馬庚が「ショートストップは戦列で時期を見て待機し、動き回ってあちこちを固める遊軍のようだ」と説いたことから広まったとされている。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED