ライパチ【意外と知らない野球用語】

ライパチ

「ライトで8番打者」の略で、野球が苦手な人物のことを指す。吉森みき男氏の漫画「ライパチくん」から広まった。

 右打者が多かった時代、少年野球などでは右翼方向ボールが飛びにくく、守備が苦手な選手が守ることが多かったのが由来。現在は、左打者が増えたことや、イチロー氏の活躍で右翼手の重要性が広く認識されたこともあり、死語になりつつある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED