リバースフォースダブルプレー【意外と知らない野球用語】

リバースフォースダブルプレー

 打者が内野ゴロを放ち、1つ目のアウトをフォースアウトで成立させ、2死目をフォースが解かれた状態でアウト(タッチアウト)にすること。以下のようなケースで記録される。

【例】
 無死一塁で打者がファーストゴロを打ち、一塁を踏んで1アウト。その後、二塁に送球し、二塁でタッチアウトして併殺を完成させた場合。

 アウトが2つともフォースプレーによる「フォースダブルプレー」とリバースフォースダブルプレーが完成した場合のみ、打者に併殺打が記録される。その際、ほかの走者が本塁に生還しても、打者に打点は記録されない。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED