レーザービーム【意外と知らない野球用語】

レーザービーム

 外野手による糸を引くような送球のこと。

 イチローの送球がきっかけ。2001年、ノーバウンドで走者をアウトにしたライトから三塁への送球に対し、アナウンサーが「レーザービーム」と形容したことが由来。それ以降、鋭い送球を指す言葉として定着した。

【参考】
「レーザービーム」が日本の野球ファンに広まったきっかけとなったイチローの好送球【動画

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED