ロジンバッグ【意外と知らない野球用語】

ロジンバッグ(Rosin bag)

 ボールやバットが滑らないように手に使用する滑り止めのこと。白い粉が入った袋で、素手以外に使用することは許されていない。

 投手が使用する場合、投手板の後ろに置くという規定があり、ボールが当たったとしてもボールインプレーとして続行される。

 Rosinとは松脂から取れる天然樹脂のことで、現在のロジンバッグの多くは炭酸マグネシウム80%、ロジン15%、石油樹脂5%で組成されている。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED