ウォーニングゾーン(Warning Zone)【意外と知らない野球用語】

ウォーニングゾーン(Warning Zone)

 外野フェンスとフェンスの内側にひかれたラインとの間のこと。直訳すると「警告ゾーン」となり、フェンス際の激突を防ぐための目印となっている。そのため、アンツーカーになっていたり、芝生でも色が変わっている場合が多い。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED