逆指名制度【意外と知らない野球用語】

逆指名制度

 日本のプロ野球で大学、社会人のドラフト候補が希望する球団に入団できる制度。1993年から2006年まで実施された。

 逆指名制度では、大学生と社会人野球の選手で1球団につき2人までが、希望するチームを宣言することができた。2001年のドラフト会議から大学生と社会人野球の2人以内をドラフト会議前に獲得できる「自由獲得枠制度」に変更された。さらに2004年には入団枠を1人にした「希望入団枠制度」になった。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED