逆シングル【意外と知らない野球用語】

逆シングル

 グラブをはめている手とは反対方向の打球を、グラブを反対側に伸ばして片手で掴むこと。片手を出してボールを捕ることをシングルという。

 日本では正面で捕ることが基本と言われることが多いが、アウトにできるかギリギリのプレーでは、逆シングルの方が送球まで早くなる場合もある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED