正力松太郎賞【意外と知らない野球用語】

正力松太郎賞

 プロ野球の発展に最も貢献した球界関係者に贈られる賞。巨人軍の創立者である正力松太郎氏の業績を称え、1977年に制定された。その年の日本シリーズ勝利監督に贈られることが多い。

 初代受賞者は通算本塁打で世界記録を樹立した王貞治氏。最多受賞者はソフトバンク・工藤公康監督の5度(選手で1度、監督で4度)

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED