ダイハード打線【意外と知らない野球用語】

ダイハード打線

 2003年頃の福岡ダイエーホークスの打線に付けられた愛称。同年のチーム打率.297は歴代トップで6人が打率3割をマーク。井口資仁、松中信彦、城島健司、バルデスが100打点以上を挙げ、史上初の100打点カルテットを達成した。

 似たような愛称に、横浜ベイスターズのマシンガン打線や近鉄バファローズのいてまえ打線などがある。

「野球用語辞典」トップへ戻る

RECOMMEND