野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「野球人生が終わってしまう」 エリート街道が一転…ロッテ福田光輝が痛感した危機感

キャンプ初日を終えたロッテの福田光輝内野手は、バットを手に持ったままインタビューの場に現れた。バッティング中心の練習メニューを終え「振り込むことができました」。2年目のスタートに充実感を漂わせる。

ロッテ・福田光輝【写真:荒川祐史】
ロッテ・福田光輝【写真:荒川祐史】

昨季は開幕1軍も打率.087に終わる「自分のスイングをさせてもらえなかった」

 キャンプ初日を終えたロッテの福田光輝内野手は、バットを手に持ったままインタビューの場に現れた。バッティング中心の練習メニューを終え「振り込むことができました」。2年目のスタートに充実感を漂わせる。

「とにかく公式戦で結果を出すことだけ意識して、毎日練習しています」

 プロ1年目の昨季はオープン戦で3本の本塁打を放つなど存在感を見せ、開幕1軍をつかみ取ったが、プロの世界は甘くなかった。シーズンが終わってみれば1軍15試合出場にとどまり、23打数2安打で、打率.087。学生時代とは全く違う“プロの投手”に翻弄された。

「球どうこうというより、自分のスイングをさせてもらえなかったです」

 オリックス・山本由伸や、日本ハム・有原航平(レンジャーズ)、楽天・岸孝之ら各チームのエースと対戦したが、全く歯が立たなかった。大阪桐蔭時代には2年夏に甲子園優勝を経験。その後、法大での4年間をへてドラフト5位でプロ入り。アマ球界ではエリート街道を歩んできたが、国内最高峰の壁は高かった。

「いいピッチャーを打つには、自分がちゃんと考えてバッティングをしていかないと。このまま自分の野球人生終わってしまうなと思いました」。まだ2年目でも、危機感が募る。今は見つめ直す時間に充てている。

「上半身でバッティングをしてしまっていたので、どんな球も追っかけてしまって、自分のスイングができなくなることが多かった」と昨季の自身を振り返る。課題を整理し、オフの段階から「下半身を使って打つ」と呪文のように反すうしながら取り組んできた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」