野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹が更なる常勝軍団になるために… 城島健司氏が担う“王イズム”のマニュアル化とは?

今季、2年連続のリーグ優勝と5年連続の日本一を狙うパ・リーグ王者ソフトバンク。昨季は巨人のV9以来となる4年連続日本一を成し遂げ、その連覇街道をさらに伸ばすために更なる改革を目指している。

ソフトバンク・城島健司球団会長付特別アドバイザー【写真:代表撮影】
ソフトバンク・城島健司球団会長付特別アドバイザー【写真:代表撮影】

城島氏が掲げるホークスとしての「マニュアル」作り

 今季、2年連続のリーグ優勝と5年連続の日本一を狙うパ・リーグ王者ソフトバンク。昨季は巨人のV9以来となる4年連続日本一を成し遂げ、その連覇街道をさらに伸ばすために更なる改革を目指している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 10年、20年、さらにその先も常勝軍団で居続けるために何をするべきか。そこで大きな責務を担うことになるのが、昨季から会長付き特別アドバイザーに就任した城島健司氏。球界最高の捕手として、現役時代には王貞治球団会長、工藤公康監督、小久保裕紀ヘッドコーチらと共にチームの礎を築いてきた城島氏が、その構想について語った。

 4年連続で日本のプロ野球の頂点に立ったホークス。他球団を凌駕する強さを示し続けているが、球団の視線、城島氏の視線は遥か先に向いていた。自身の役割について「なぜホークスが強いのか、ファンの人に愛されているのかは中に入ってみないと分からない。逆にいうと、その部分をより強いものにしないといけない、未来に残していかないといけない。今の組織が終わったら終わりじゃなく、未来の人が形として見えるものを残していかないといけない。それがホークスの宝になる。そのお手伝いができれば」と語る。

 城島アドバイザーが掲げるのは常勝軍団として築き上げてきたメソッド、マニュアルを未来永劫、形あるものとして球団に残すことだと言う。今年は王会長の監督時代に共に戦った工藤監督、小久保ヘッド、そして城島氏と中心選手がチームに揃うことになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」