野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の未完の大砲は覚醒なるか? 西武・山川の教えにも「僕は痩せたい」

今季のブレークが期待される1人として注目されるのが、ソフトバンクのリチャード内野手だ。圧倒的なパワーを持ち、昨季はウエスタン・リーグの本塁打王と打点王に輝いた。就任したばかりの小久保裕紀ヘッドコーチも「あのパワーは楽しみ」と期待を寄せる好素材だ。

ソフトバンクのリチャード(奥は王貞治球団会長)【写真:代表撮影】
ソフトバンクのリチャード(奥は王貞治球団会長)【写真:代表撮影】

「山川さん以上に飛ばせても意味はない」

 今季のブレークが期待される1人として注目されるのが、ソフトバンクのリチャード内野手だ。圧倒的なパワーを持ち、昨季はウエスタン・リーグの本塁打王と打点王に輝いた。就任したばかりの小久保裕紀ヘッドコーチも「あのパワーは楽しみ」と期待を寄せる好素材だ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 身長189センチの体躯を誇り、現在の体重は120キロ。その肉体から放たれる打球の飛距離は、チームの主砲である柳田悠岐外野手にもヒケは取らない。オフには同じ沖縄出身の西武・山川穂高内野手、そして森友哉捕手と自主トレを共にし、本塁打王のエキスを学んでいる。

 その山川はこのオフに「打球は僕らのように重さで飛ばすか、リーチのある大谷のように長さで飛ばすか、どちらかだと思う。基本的には重ければ重いほど、遠くへ飛ばせる」と持論を語っていた。山川の公称103キロに対して、リチャードは現在120キロだが、リチャードは「僕は痩せたいです」と減量を望んだ。

 山川の言葉は、西武のドラ1渡部健人内野手に向けられた言葉だが、自主トレの時にはリチャードも同様の考えを聞いたという。飛距離はリチャードの魅力ではあるが、「山川さんが108キロで飛ばせるんなら、それで僕も飛ばせると思うんで。それ以上に飛ばせても意味はない。柵を越えれば良いんで、痩せないといけないです」と語っていた。

 キャンプ2日目は王貞治球団会長から直接アドバイスを受けた。「もっと早く振れるように、ボールとバットをミートさせる確率を上げること。スパッと振れるように。ロングティーをしていても、軽々と柵越えしていたんで、これでも飛ぶんだ、と感じた」。王会長からの期待も背に、未完の大器は一心不乱にバットを振る。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」