野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA今永、開幕1軍アウト濃厚も「120%で戻る」 仁志2軍監督助言に燃える決意

DeNAの今永昇太投手は4日、沖縄・嘉手納で行われている2軍キャンプに参加。昨年10月に左肩のクリーニング手術を受け、キャンプ2軍スタート。この日のキャッチボールでは最長30メートルの距離をとって、40球を投げた。「今日のキャッチボールが正直一番良かったし、カメラがあると力も入って。6割くらいで投げようと思ったんですが、6.5割くらいで投げちゃいました。状態がいい分、ブレーキをかけながらやりたい」と明るい表情で語った。

キャッチボールを行ったDeNA・今永昇太【写真:小谷真弥】
キャッチボールを行ったDeNA・今永昇太【写真:小谷真弥】

昨年10月に左肩手術でリハビリ組「今はプランAじゃなくプランBに向かってやっている」

 DeNAの今永昇太投手は4日、沖縄・嘉手納で行われている2軍キャンプに参加。昨年10月に左肩のクリーニング手術を受け、キャンプ2軍スタート。この日のキャッチボールでは最長30メートルの距離をとって、40球を投げた。「今日のキャッチボールが正直一番良かったし、カメラがあると力も入って。6割くらいで投げようと思ったんですが、6.5割くらいで投げちゃいました。状態がいい分、ブレーキをかけながらやりたい」と明るい表情で語った。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2月中旬にはブルペン入りする予定だが、リハビリは慎重に進める方針だ。「手術を決めた段階で開幕は難しいだろうなって頭に入っていた。今はプランAじゃなくプランBに向かってやっている」と話した。

 仁志敏久2軍監督とも積極的にコミュニケーションを取り、120%の状態で戻れるようにと助言されたという。「怪我する前の100%の状態ではなく、120%の状態まで持っていかないと。先発ローテーション投手のボールを取り戻したい」と決意を口にした。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」