野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

手話とアクロバットのギャップが魅力の美女 「ヴィーナス」サブリーダーの決意

巨人の公式マスコットガール「ヴィーナス」の2021年シーズンメンバー22人が決定した。前回に続いて紹介するのは、サブリーダーを務める4年目の冷牟田花恋さん。アクロバット担当ながらも昨年、ヴィーナス公式インスタグラムで披露した手話付きの踊りが「可愛い」「愛のあるアイデア」とそのギャップは反響を呼んだ。「行動で見せる」チアとして巨人の日本一をサポートしていく。

ヴィーナスのサブリーダー・冷牟田花恋さん【写真提供:読売巨人軍】
ヴィーナスのサブリーダー・冷牟田花恋さん【写真提供:読売巨人軍】

公式マスコットガール22名が決定、4年目の冷牟田花恋さん

 巨人の公式マスコットガール「ヴィーナス」の2021年シーズンメンバー22人が決定した。前回に続いて紹介するのは、サブリーダーを務める4年目の冷牟田花恋さん。アクロバット担当ながらも昨年、ヴィーナス公式インスタグラムで披露した手話付きの踊りが「可愛い」「愛のあるアイデア」とそのギャップは反響を呼んだ。「行動で見せる」チアとして巨人の日本一をサポートしていく。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 グラウンド上でバク転をするなどアクロバティックな演技が持ち味ながら、手話もできる一面も持つ花恋さん。4年目を迎えた今季は「ジャイアンツのために考えて、行動できるようなヴィーナスを作っていきたい。ファンの方のために頑張りたい」と行動で引っ張っていく。

 昨年は無観客試合や入場制限があり、ファンのために自分たちが何をすべきかを考える一年となった。「インスタグラムの写真、リールの機能を使って、ダンスを届けることが私たちのできることだと考えて、精一杯やらせていただきました」と色々なアイディアを出しながら、カメラの“向こう側”を意識。その中での手話やアクロバティックなダンスを披露した。

 デビュー当時は野球のルールがわからないことも多かった上「先輩についていくことがやっとでした」と必死だった。しかし、年数を重ねるに連れ、試合の流れを見ながら、パフォーマンスできるようになった。「今の日常はジャイアンツが中心です。試合で点数が入り、本塁打やタイムリーを放った選手が守備に就く時に声援が注がれるシーンが好きです」と話す。選手とファンと心を一つにして今年も応援をしていく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」