鷹・周東佑京が自虐「能力が低くて使えない」 プロスピA内の自分に落胆

「1分間スピーチ」に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】
「1分間スピーチ」に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】

「柳田さんのようにみんなが使いたいと思うような選手になりたい」

 ソフトバンクの周東佑京内野手が5日、自虐ネタを展開した。宮崎キャンプ第2クール初日となったこの日、若手の集まるB組では恒例の「1分間スピーチ」がスタート。選手が今季への思いであったり、意気込み、そして一発ギャグなど、それぞれが自由に1分間語るというもので、野村大樹内野手とともに周東が輪の中心に立った。

 右肩のコンディション不良のため、B組でキャンプをスタートさせている周東。怪我をしない身体を誓うと、自身の近況についても言及。「最近『プロ野球スピリッツA』というゲームにハマっているんですが……」と、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの人気モバイルゲームについて切り出した。

 昨季、自身初となる盗塁王にも輝いた周東は「自分を使いたいなと思うんですが、能力が低くて使えない」と、ゲーム内の自分の能力に愕然とした様子。「柳田さんのように皆さんが使いたいと思うような選手になりたい」と、更なる成長を誓っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY