野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・栗原陵矢の三塁挑戦 本多コーチが語る真意と実現の可能性は?

2年連続のリーグ優勝、そして5年連続の日本一を目指す王者ソフトバンクは現在、宮崎市内での春季キャンプの真っ只中にある。7日で終わった第2クールで注目を集めたのは、昨季ブレークを果たした栗原陵矢捕手の「三塁挑戦」。6日のシートノックで初めて三塁に入ると、7日の全体練習後には松田宣浩内野手、増田珠内野手とともに小久保裕紀ヘッドコーチ、本多雄一内野守備走塁コーチによる特守に参加した。

特守を受けるソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】
特守を受けるソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】

「もともとの膝の使い方、フットワークはあると思います」と本多コーチ

 2年連続のリーグ優勝、そして5年連続の日本一を目指す王者ソフトバンクは現在、宮崎市内での春季キャンプの真っ只中にある。7日で終わった第2クールで注目を集めたのは、昨季ブレークを果たした栗原陵矢捕手の「三塁挑戦」。6日のシートノックで初めて三塁に入ると、7日の全体練習後には松田宣浩内野手、増田珠内野手とともに小久保裕紀ヘッドコーチ、本多雄一内野守備走塁コーチによる特守に参加した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 シートノックでも、そしてこの日の特守でも軽快なフットワークで打球を捌いていた栗原。もともとが捕手ということもあって、送球は力強く、そして安定していた。小久保ヘッドコーチも思わず「センスあるな」と声をかけたように、経験がないとは思えないほどの動きの良さだった。

 では、ノックを打った本多コーチは三塁手としての栗原をどう感じ、考えているのか。

 まず、シートノックと特守の動きを見た上で「キャッチャーのときもサードからファーストの送球はしていましたし、もともとの膝の使い方、フットワークはあると思います」と評価する一方で「ただ球を見る雰囲気、角度だったりはファーストと外野しかやっていないので、サードをやるにあたって数多く受けていかないとその感覚を養わないといけない。その感覚はもっと受けていった方がいいかなと感じましたね」と、やはりまだまだ練習は必要なようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」