オリックス、4年ぶり復帰の平野佳寿を支配下登録 NPB通算156セーブの守護神

オリックスに4年ぶりに復帰した平野佳寿【写真:AP】
オリックスに4年ぶりに復帰した平野佳寿【写真:AP】

メジャーでは通算150試合に登板し9勝9敗、48ホールド8セーブ、防御率3.69

 日本野球機構(NPB)は8日、古巣のオリックスに4年ぶりに復帰した平野佳寿投手を支配下選手として公示した。オリックスでは通算156セーブをマークしている。

 平野は2005年に大学・社会人ドラフト希望枠でオリックスに入団。先発、中継ぎとして活躍し通算549試合に登板し48勝69敗、139ホールド156セーブ、防御率3.10の成績を残し、2017年オフに海外FA権を行使しダイヤモンドバックスに移籍した。

 昨季までマリナーズでプレーしメジャーでは通算150試合に登板し9勝9敗、48ホールド8セーブ、防御率3.69の成績を残していた。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY