野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人桑田真澄氏が若手選手へ行った極秘の講話 松本匡史氏が明かす26年前の真意

巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏。指導者としての期待が日に日に高まっている。技術指導だけでなく選手にかける言葉にも注目だ。元巨人のリードオフマン、“青い稲妻”こと松本匡史氏は2軍監督時代、桑田氏とのやりとりで忘れられないことがある。春季キャンプで依頼した若手選手へのミーティングだった。

巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏【写真:Getty Images】
巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏【写真:Getty Images】

松本匡史氏が巨人2軍監督時代、桑田氏の野球観に感銘し講話を依頼

 巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏。指導者としての期待が日に日に高まっている。技術指導だけでなく選手にかける言葉にも注目だ。元巨人のリードオフマン、“青い稲妻”こと松本匡史氏は2軍監督時代、桑田氏とのやりとりで忘れられないことがある。春季キャンプで依頼した若手選手へのミーティングだった。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 1987年に引退した松本氏は、桑田氏とは現役で2年間だけ一緒だった。その後、1軍のコーチや2軍監督などの立場で背番号18を見てきた。その努力する姿に感銘を受けていた。

「コツコツと練習をする選手でした。彼の野球と向き合う姿勢が好きでね。(私が)指導者になってから、いつか機会があれば、若手に話をして欲しいなと思っていたんです」

 松本氏は2軍コーチ時代、若い選手を見ていて、練習を“やらされている”感覚になっているのではないか、自分が2軍にいる理由がわかっていないのではないかと、感じることが多かった。その反面、桑田氏はいつも自分から考えて、行動していた。プロ意識の塊だった。

 松本氏は1995年から巨人2軍監督に就任した。その年の春季キャンプ。桑田氏に「若手に一言、二言、話をしてくれないか?」と打診した。すると桑田氏はある日の練習後、時間を作って、2軍宿舎に来てくれた。

 前年の1994年、チームは中日との「10・8」決戦に勝利し、リーグ優勝。西武との日本シリーズも制した。桑田氏はシーズンで14勝11敗、防御率2.52、185奪三振はリーグトップの好成績を残した。セ・リーグ最優秀選手(MVP)に選出されるなど“絶頂期”にあった。

 そんなエースが話をしてくれるというこれ以上ない講話の機会。金言が飛び出すだろうと、松本氏も期待をしていた。しかし、桑田氏からの言葉に驚いた。

「首脳陣、スタッフの方は入らないでいただけますか? と。選手に話をしてほしいと頼んだのは私だったんですが、そこに入ることが許されなかったんです。ただ、桑田の話が選手に伝わればいいなと思ったので、了承しました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」