野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「3年やって会社勤めかな…」“猫だまし投法”ロッテ山本大貴の転機となった出来事

ロッテ4年目の山本大貴投手は「強いボールを投げること」をテーマにキャンプに臨んでいる。昨季は1軍で自身最多の12試合に登板。「去年を超える活躍がしたい」と札幌生まれの25歳は確固たる決意を胸に2021年シーズンに挑む。

ロッテ・山本大貴【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・山本大貴【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

高校卒業後に三菱自動車岡崎に進むも当初は北海道に残るつもりだった

 ロッテ4年目の山本大貴投手は「強いボールを投げること」をテーマにキャンプに臨んでいる。昨季は1軍で自身最多の12試合に登板。「去年を超える活躍がしたい」と札幌生まれの25歳は確固たる決意を胸に2021年シーズンに挑む。【上野明洸】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 山本大貴は北海道の北星学園大附属高出身。元々は勉強して公立高校に入る予定だったというが、近くのグラウンドでプレーしていた左腕をたまたま見かけた監督に声をかけられ、北星学園大附属高に進学した。

「監督が僕のキャッチボールしてる姿を見て、そこで声をかけてもらった。僕も何かしらの縁を感じて、この高校でお世話になろうと言うと親とも相談して決めました」

 高校時代は全道大会にも出場できなかったが、スカウトからの注目を集めていたこともありプロ志望届を提出。しかし指名はされず、北海道から遠く離れた愛知の三菱自動車岡崎へと進むことになった。

「地元が好きで、最初は北海道から出ることを考えていなかった」。プロ野球選手も輩出する道内の大学で野球を続けようとしていたが、とある“縁”が彼を愛知へ導いていた。

「ちょうど(入団予定だった)二木(康太)がドラフトでプロに入って、高卒の投手枠が1つ空いたっていうのがあって、それで関係者の方に練習参加という形でもいいから行ってみてくれって言われたのがきっかけです」と明かす。社会人野球に入団する裏には後にチームメートとなる二木の存在があった。

 練習に参加し、その後入団することとなったが、最初の2年はチームのレベルの高さに驚き、自信もなくしてしまっていた。「どうせ3年で終わって会社勤めかな、とかマイナスのようなことしか考えていなくて、毎日毎日自信を持てないまま過ごしていた」と振り返る。そんな意識が変わるきっかけとなったのが、社会人3年目にチームが本社の不祥事で活動自粛となった時だった。

「ほとんどの選手は実家に帰って親に顔を出したりとかしていたんですけど、僕は北海道で急きょ帰るってことができなくて寮に残っていたので、暇だなと思ってウエートトレーニングを始めたのがきっかけでした」

 そこから自分で考えて練習する力が身につくと今度は肉体改造に挑戦。その結果、球速は143キロから148キロにアップし公式戦のマウンドも任されるエースに成長。都市対抗にも出場し、ドラフトで3位指名を受けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」