野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が2年8.9億円で合意 代理人「お金や契約だけが重要ではない」

大谷翔平が2年8.9億円で合意 代理人「お金や契約だけが重要ではない」

エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手と2年850万ドル(約8億9400万円)で合意したと発表した。19日(同20日)に予定されていた年俸調停の公聴会を回避し、21年年俸は300万ドル(約3億1560万円)、22年年俸は550万ドル(約5億7860万円)に決まった。大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏がオンライン会見を開き、前例のない二刀流選手の交渉の難しさ、交渉で大事にしていたポイントなどを明かした。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷はエンゼルスと2年8億9400万円で合意、バレロ代理人「具体的な方程式はなかった」

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手と2年850万ドル(約8億9400万円)で合意したと発表した。19日(同20日)に予定されていた年俸調停の公聴会を回避し、2021年年俸は300万ドル(約3億1560万円)、2022年年俸は550万ドル(約5億7860万円)に決まった。大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏がオンライン会見を開き、前例のない二刀流選手の交渉の難しさ、交渉で大事にしていたポイントなどを明かした。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大谷は昨季終了後にメジャー登録3年以上6年未満の選手に与えられる年俸調停の権利を初めて取得した。米メディアによると、大谷側が330万ドル(約3億4700万円)を希望したのに対し、球団側は250万ドル(約2億6300万円)を提示。両者には80万ドル(約8500万円)の開きがあった。これまでに両者は数週間に渡って交渉してきた。

「テンプレートとしては白紙の状態だった。なぜなら、(二刀流選手を)誰も見たことがなかったから。彼の(過去の)活躍に目を向ける必要があった。2018年、2019年について遡って見る必要があった。二刀流でプレーし、新人王を獲得した。それら全てを考慮し、徹底的に話し合った。最終的に答えを出すことができた。具体的なフォーミュラ(方程式)はなかった」

 続けてバレロ代理人は交渉中に重要視してきたことを明かした。

「ショウヘイは驚異的なアスリートだ。たくさんのことをできる能力がある。それを考慮した。我々としては選手に安心してもらいたい。お金や契約だけがいつも重要というわけではない。伸び伸びとプレーして、我々が知っている通りのパフォーマンスをすることが重要になる。それが非常に重要な要素だった」

 昨季はシーズン序盤に右前腕を故障して打者に専念。オフに投手としてのリハビリを行ってきた。

「ショウヘイ(の状態)については万事順調に進んでいる。シーズン終了後からリハビリを続け、キャンプに向けて良い状態だ。すべて計画通りに進んでいる。ご存じの通り、ジョー(マドン監督)、ペリー(ミナシアンGM)は彼がキャンプで二刀流をすることに決めている。ショウヘイも二刀流をすることを喜んでいる」

 2月中旬に予定されているスプリングトレーニング前に今季の年俸問題が解決した。二刀流復活へ弾みをつけたいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」