大谷翔平の2年8.9億円は格安?高額? 地元紙「結局は誰にも分からない」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

米オレンジカウンティ・レジスター紙「オオタニに払う金額を見極めるのは厄介だ」

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手と2年850万ドル(約8億9400万円)で合意したと発表した。19日(同20日)に予定されていた年俸調停の公聴会を回避し、2021年年俸は300万ドル(約3億1560万円)、2022年年俸は550万ドル(約5億7860万円)に決まった。果たして今回の契約は格安だったのか、それとも高額だったのか? 地元メディアも評価がつけがたいようだ。

 前例のない二刀流選手の査定。地元紙オレンジカウンティ・レジスターは「オオタニに払う金額を見極めるのは特に厄介だ。なぜなら二刀流選手として唯一無二の存在だからだ。投打でどれほど(将来的に)素晴らしい選手になるかについても、不確かだ」と、今回の交渉の難しさを指摘した。

 大谷は2018年に二刀流で活躍して新人王を受賞したものの、ここ2年間は思うような結果を残せていない。ただ、二刀流選手として躍動すれば、チームにとっては、これ以上ない戦力となる。同紙は「全てを考慮すると、次の2年間の年俸が結局、格安かどうかは誰にも分からない」と結論づけた。

 公聴会は基本的に球団側が選手の希望額に対して反論する場となっている。同紙が「気まずい状況を回避した」と指摘するように、大谷がプレーに専念できる環境となったのは確かだ。オフも投手としてのリハビリを進めていた大谷。どのような契約になろうが、ミナシアンGMの「大きな戦力になると我々は感じている」という期待に応えたいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY