野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

コロナ禍で奔走する新人広報 元鷹選手・西田哲朗氏が裏方転身を決断した感謝の思い

2年連続のリーグ優勝、そして5年連続の日本一を目指す王者ソフトバンク。現在、宮崎市内で春季キャンプを行っており、選手たちはさらなるレベルアップのために必死に汗を流している。

昨季限りで現役引退し球団広報に転身したソフトバンク・西田哲朗氏【写真:福谷佑介】
昨季限りで現役引退し球団広報に転身したソフトバンク・西田哲朗氏【写真:福谷佑介】

昨オフで戦力外となり、今年から球団広報に就任した西田哲朗氏

 2年連続のリーグ優勝、そして5年連続の日本一を目指す王者ソフトバンク。現在、宮崎市内で春季キャンプを行っており、選手たちはさらなるレベルアップのために必死に汗を流している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 その宮崎キャンプの地で、選手とは別の形で必死に奔走している新人広報がいる。昨季までソフトバンクでプレーし、現役を引退して広報に転身した西田哲朗氏だ。

 大阪の関大一高から2009年のドラフト2位で楽天に入団した西田氏。遊撃を中心に内野全てを守れるユーティリティプレーヤーとして2014年にはキャリア最多となる131試合に出場。2017年のオフにトレードでソフトバンクへ加入し、貴重なバイプレーヤーとして3年間プレーしたが、昨オフに戦力外となった。

 なぜ西田氏は現役を退き、広報への転身を決めたのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」