“マー君フィーバー”の陰で…楽天・石井監督が熱視線送る“19歳コンビ”の成長ぶり

黒川は「1年間1軍」が目標、武藤は右肩脱臼で思わぬ挫折

 本職の二塁を中心に、内野ならどこでも守れる黒川だが、鈴木大、浅村、小深田、茂木ら実績のある選手がひしめく内野の一角を崩すのは容易ではない。「1年間1軍」を今季の目標に掲げ、キャンプに取り組んでいる。

 一方の武藤は昨季、思わぬ挫折を味わった。50メートル6秒0の俊足で注目されていたが、昨年3月の紅白戦で帰塁時に右肩を脱臼。1軍戦出場を果たせず、イースタン・リーグでも3試合出場にとどまった。それでも昨年11月の宮崎フェニックス・リーグでは、全18試合に中堅手としフル出場。「それまで試合に出られなかった分、得た物があり、課題も見つかりました」と言う。

 石井一久GM兼監督は「フェニックス・リーグの映像も見たが、武藤君はしっかりスイングできていて、バットを振る能力は黒川君より上かもしれない。あとは、黒川君のような打撃へのアプローチを磨いていけるかどうか」と評し、「いずれにせよ将来的には、その2人にしっかり打ってもらいたい」と近未来の打線の軸として期待している。

 ポジションは違えど、「ライバルです。負けたくない」と意識し合う黒川と武藤。若手の成長を追い続けるのも、野球ファンの醍醐味のひとつだ。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

JERAセ・リーグ

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY