野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

レイズ筒香や楽天浅村が手本、中日期待の22歳が信じる「大砲は5年目に覚醒説」

中日のブレーク候補として首脳陣から期待を寄せられているひとりが、石垣雅海内野手。春季キャンプ第3クール初日の6日、猛烈な雨風のためヤクルトとの練習試合は中止になったが、事前に発表されていたオーダーでは「4番・三塁」に入っていた。そろそろ頭角を現したい高卒5年目。自身も他球団の“ブレーク例”を強く意識する。

中日・石垣雅海【写真:荒川祐史】
中日・石垣雅海【写真:荒川祐史】

昨季に待望のプロ1号を放った石垣雅海「チャンスで打てるか打てないか」

 中日のブレーク候補として首脳陣から期待を寄せられているひとりが、石垣雅海内野手。春季キャンプ第3クール初日の6日、猛烈な雨風のためヤクルトとの練習試合は中止になったが、事前に発表されていたオーダーでは「4番・三塁」に入っていた。そろそろ頭角を現したい高卒5年目。自身も他球団の“ブレーク例”を強く意識する。【小西亮】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 木製バットの扱いに苦労していたルーキー時代から丸4年。ひと回りもふた回りも大きくなった体躯で、充実の球春を過ごしている。実戦中心となっていくキャンプ後半に向け「1日1本打つことを最低の目標に。チャンスで打てるか打てないかが、1番大事だと思っています」。まずは生き残りへ、1軍首脳陣の目に存在を焼き付けたい。

 プロ1年目の2017年に1試合だけ出場して1軍舞台を経験。3年目の2019年に初安打を放ち、4年目の昨年9月には待望のプロ1号を東京ドームでマークした。4年間で通算41試合に出場。緩やかなようにも見える成長曲線を、5年目の今季に急上昇させるイメージを描く。

「他球団のスター選手を見ても、5年目に出てきて上(1軍)で結果を残している場合も多いかなと。自分も続けるように、とは思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」