野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「悔しさだけ持って…」 “松中塾”で覚醒間近、ロッテ山口航輝が挑む勝負の3年目

ロッテの山口航輝内野手は沖縄・石垣島に降り注ぐ日差しを浴び、こんがりと日焼けしていた。「悔しさ」を胸に臨んでいる初の1軍キャンプ。昨季はファームで全70試合に出場。8月下旬以降は4番に定着し、打率2割5分8厘、7本塁打をマークしたが、決して満足いくシーズンではなかった。

ロッテ・山口航輝【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・山口航輝【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

初の1軍キャンプに臨んでいる山口航輝内野手

 ロッテの山口航輝内野手は沖縄・石垣島に降り注ぐ日差しを浴び、こんがりと日焼けしていた。「悔しさ」を胸に臨んでいる初の1軍キャンプ。昨季はファームで全70試合に出場。8月下旬以降は4番に定着し、打率2割5分8厘、7本塁打をマークしたが、決して満足いくシーズンではなかった。【上野明洸】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年、チーム内に新型コロナウイルスが流行し大量入れ替えとなった際に、同級生の藤原恭大外野手らが昇格しブレーク。しかし山口が1軍に呼ばれることはなかった。

 1軍の舞台で活躍する若手の選手達を見て凄いなと思った半面、悔しさも大きかった。その悔しさを胸にオフのトレーニングに取り組んできた。

「上がれなかった悔しさだけをずっと持ってやってきました。下半身や体幹を鍛えて体づくりをしてきました」

 昨年は左足手術の影響もあり、キャンプは2軍スタート。高校時代も怪我で投手を諦めた経験があるだけに、怪我をしない体づくりの大切さは身に染みて分かっている。

「今年はまず怪我をせずに、1年間野球をするのが目標。その次に1年間1軍で戦うっていうのがあります」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」