野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人新助っ人スモークは“第2のオースティン”? 米メディア「復活する選手になり得る」

巨人の新助っ人ジャスティン・スモーク内野手は活躍できるのか? 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は、移籍先が決まったFA選手を特集。スモークに関して「次に復活する選手になり得る」と日本での活躍に太鼓判を押している。

巨人に加入するジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】
巨人に加入するジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】

メジャー通算196発を誇る大砲が今シーズンから巨人でプレー

 巨人の新助っ人ジャスティン・スモーク内野手は活躍できるのか? 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は、移籍先が決まったFA選手を特集。スモークに関して「次に復活する選手になり得る」と日本での活躍に太鼓判を押している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 スモークはブルージェイズに在籍した2017年には38本塁打を放ち、メジャー通算196本塁打を放ってきた長距離砲だ。記事ではメジャーでの需要は無くなってきたが「守備面で起用法が限られるベテランスラッガーは日本や韓国の球団においてはまだまだお金を稼げる」と、戦力として求められることを指摘。

 過去には2019年にブルワーズでプレーしていたタイラー・オースティン内野手がオフにDeNAと契約し、昨季は20本塁打を放つなど活躍したことを例に挙げ「次に海外で復活するのはジャスティン・スモークになり得るだろう」と予想している。

 これまでもメジャーで実績を残した選手が日本球界に“参戦”したが、なかには全く結果を残せずシーズン途中で帰国した選手も多い。スモークは昨季36試合に出場して打率.176、5本塁打15打点だったが、巨人でどのような成績を残すか注目が集まる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」