野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹15年ドラ1高橋純が今季に賭ける思い 同期投手が全員戦力外「危機感毎年ある」

2015年のドラフト1位で入団したソフトバンクの高橋純平投手。2019年に1軍で45試合に登板しブレークしたものの、昨季は怪我の影響もあって1軍登板は1試合も無し。そんなドラ1右腕が今季に賭ける思いを吐露した。

ソフトバンク・高橋純平【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・高橋純平【写真:福谷佑介】

昨季は1軍登板なし「悔しいとか以前に自分が甘かったなと思います」

 2015年のドラフト1位で入団したソフトバンクの高橋純平投手。2019年に1軍で45試合に登板しブレークしたものの、昨季は怪我の影響もあって1軍登板は1試合も無し。そんなドラ1右腕が今季に賭ける思いを吐露した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 第3クールに入ってこのキャンプ初めて打撃投手に登板した高橋純。昨季、右肩と右肘に不安を抱えていたことから、すでにシート打撃の登板を済ませた他のB組投手より、1クール遅れて調整を進めており、13日に始まった第4クールでは実戦形式へと段階を上げていく予定だ。

 2019年に1軍でプレーしながら、昨季は1軍登板無し。己の甘さを痛感した1年だった。「去年は気持ち的にも乗ってキャンプに入ったんですけど、怪我して1軍でも投げられず、悔しいとか以前に自分が甘かったなと思います」。怪我が治ってからも、なかなか自分のフォームを取り戻せずに悪戦苦闘した。

 1位で指名された2015年のドラフト。2位指名だった小澤怜史投手や育成指名だった野澤佑斗投手、渡辺健史投手がオフに戦力外となり、同期入団だった投手は高橋純1人になった。「今年は同級生とか同期の投手がいなくなった。勝負する相手は自分だと思っています。危機感に関しては、今年が特別あるわけでなく、毎年あります」と、その表情は覚悟に満ちている。

「いつ辞めることになったとしても、悔いはどこかに残ると思うんです。でも、あの時こうしておけば良かったとか、そういう後悔が少しでも減るように野球ができれば、と。今年はその気持ちが強いというのはありますね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」