巨人、宮崎市に医療体制支援金500万円を寄付 原監督「小さなことかもしれませんが」

巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】
巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】

巨人全体では支援金は計2859万円が集まる

 巨人は13日、キャンプを張る宮崎市に医療体制支援金として500万円を寄付したことを発表した。

 巨人は原辰徳監督ら首脳陣と選手、スタッフらが、キャンプ開催地の宮崎と沖縄など全国で新型コロナウイルス治療の最前線に立つ医療従事者の支援に向け募金を募り、計2859万円を集め「全国コロナ医療福祉支援基金」に寄付。そのうちの500万円が宮崎市に寄付された。

 この日は贈呈式が行われ、原監督は球団を通じ「できることは小さなことかもしれませんが、ジャイアンツの中で選手たちとしっかり考え、また、スタッフやオーナーとも話をして、全員で寄付を募ったところ、思いもよらぬ金額が集まりました。すべて、コロナ禍を乗り越えるために役立てていただきたいと思いますが、まずは先駆けて、キャンプでお世話になっている宮崎に贈らせていただきました」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY