野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックスに4年ぶり復帰の平野佳寿 近い将来に達成可能な3つの“金字塔”

2月6日、平野佳寿投手のオリックスへの復帰が発表された。2018年からメジャーリーグに活躍の場を移しており、4年ぶりの古巣復帰となる。日米でリリーバーとして活躍を見せたベテランがどんな投球を見せてくれるかは、新シーズンにおける興味深いトピックだ。

オリックスに復帰した平野佳寿【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックスに復帰した平野佳寿【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリックスで通算156セーブ、139ホールドを記録

 2月6日、平野佳寿投手のオリックスへの復帰が発表された。2018年からメジャーリーグに活躍の場を移しており、4年ぶりの古巣復帰となる。日米でリリーバーとして活躍を見せたベテランがどんな投球を見せてくれるかは、新シーズンにおける興味深いトピックだ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今回は、平野のこれまでの足跡を振り返るとともにセイバーメトリクスの観点から投球の長所を分析。さらに近い将来に達成する可能性がある3つの金字塔についても紹介する。

 2005年の大学生・社会人ドラフト希望枠でオリックスに入団し、プロ1年目からローテーションの一角に定着。10度の完投、4度の完封を記録してタフさと能力の高さを見せつけ、即戦力としての期待に大きく応えた。2007年も先発陣の一角として活躍し、若くして投手陣の軸の1人となりつつあった。

 ところが、2008年にはチームが2位に躍進したものの、平野は故障の影響で1軍登板を果たせず。翌2009年に戦列復帰したものの、防御率4.72と本来の投球は見せられなかった。そんな中で、2010年にリリーフに転向したことが大きな転機に。同年は防御率1.67と抜群の投球を見せ、セットアッパーの座に定着した。

 続く2011年にはNPBでのキャリア最多となる72試合に登板し、2年連続で1点台の防御率を記録。49ホールドポイントを記録し、『最優秀中継ぎ』タイトルも手にした。2012年途中からはクローザーの大役を任され、2013年には防御率1.87で30セーブ、2014年にはリーグ史上初の40セーブを記録して『最多セーブ』を獲得と、抑えとしても活躍した。

 その後もオリックスの守護神として活躍を続け、2017年には史上13人目となる通算150セーブの大台に到達。先発、中継ぎ、抑えの全てに奮闘し、10年以上にわたってオリックスの投手陣を支え続けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」