野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

外国人不在でも熱い楽天の外野手争い 石井監督「誰が活躍するのか楽しみ」

楽天の外野手争いが熱い。コロナ禍で外国人選手の来日のメドが立たない中、沖縄・金武キャンプ中の石井一久GM兼監督は「だからこそ若い選手に競争して勝ち取ってほしい」と期待を寄せる。実際、その顔ぶれは多士済々だ。

楽天・辰己涼介、小郷裕哉、田中和基(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・辰己涼介、小郷裕哉、田中和基(左から)【写真:荒川祐史】

左翼は島内も新外国人カスティーヨ、ディクソンの来日が未定

 楽天の外野手争いが熱い。コロナ禍で外国人選手の来日のメドが立たない中、沖縄・金武キャンプ中の石井一久GM兼監督は「だからこそ若い選手に競争して勝ち取ってほしい」と期待を寄せる。実際、その顔ぶれは多士済々だ。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天ではキューバ出身のルスネイ・カスティーヨ外野手、メジャー通算20本塁打で外野も守れるブランドン・ディクソン内野手の新外国人選手2人の来日が未定。左翼は、打線の中軸を務め今季からの4年契約を結んだ島内宏明が一歩リードしているが、その他は混戦模様だ。

 その中で、右投左打の小郷裕哉は2年目の昨季、打率.295、4本塁打と打撃で非凡なところを見せた。13日に行われたロッテとの今季初の練習試合でも「3番・左翼」で出場し、4回に先制中前打を放った。

 その他にも、石井監督が「素質のある外野陣なので、素質にとどまらず、もう1つ上のレベルで争ってほしい。ポテンシャルのある選手が多く、誰がそのポジションに入るのか、誰が活躍するのかが楽しみです」と相好を崩すように、“大化け”の可能性を秘めた選手がめじろ押し。

 特に期待されているのがドラフト1位入団から3年目を迎えた辰己涼介。強肩の俊足は球界トップクラスともいわれ、昨季8本塁打が示すようにパンチ力もある。昨季は打率.223と確実性に欠け、絶対的なレギュラーになりきれなかったが、13日の練習試合では4回先頭で右中間を破り、悠々三塁を陥れる“スタンディング・トリプル”。5回にも左前打を放った。

「アピールしていかないといけない立場なので、多くのいい結果を残して、開幕からシーズン終了まで突っ走っていきたい」と必死の形相。「打撃が1番の課題なので、どうやったら多く出塁できて、どうやったら多く安打を打てるのか、模索しています」と打ち明ける。打撃が開眼すれば、一気にスター選手となってもおかしくない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」