野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大の“一番弟子”松井裕樹が語る効果とは?「お陰でいいブルペンに…」

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手が6日に沖縄・金武キャンプへ合流してから1週間余り。若手に積極的にアドバイスを送る姿が印象的だが、とりわけ言葉を交わすことが多いのが7歳下の松井裕樹投手だ。松井は田中将と入れ替わる形で2014年に楽天入団。これまで一緒にプレーしたことはなかったが、1年目のオフから毎年自主トレをともにしてきた“一番弟子”といえる存在だ。

ブルペン入りした楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】
ブルペン入りした楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

田中同様、大声を上げながらブルペン投球

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手が6日に沖縄・金武キャンプへ合流してから1週間余り。若手に積極的にアドバイスを送る姿が印象的だが、とりわけ言葉を交わすことが多いのが7歳下の松井裕樹投手だ。松井は田中将と入れ替わる形で2014年に楽天入団。これまで一緒にプレーしたことはなかったが、1年目のオフから毎年自主トレをともにしてきた“一番弟子”といえる存在だ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 14日の練習中には田中将と組んで約70メートルの急こう配を駆け上がる“坂道ダッシュ”に取り組んだ。数メートル前からスタートした田中将を、松井があっという間に抜き去るシーンも。2人がクールダウンしながら肩を並べて会話しながら坂を下りてくる光景は、高校の部活動の仲の良い先輩・後輩といった雰囲気だった。

 田中将の復帰が決まった時から「近くにいてくれることで学べる時間が増える」と喜んでいた松井。実際に「昨日(13日)、ブルペンに入る前にお話をさせていただいて、お陰でいいブルペンになりました」と明かす。「この時期の過ごし方、練習の成果に対するメンタル、マインドの持っていき方について言葉を頂き、気持ちがすごく楽になりました」と言う。

 田中将はブルペンで捕手、審判、バッター役として打席に立つブルペン捕手らと意外に多くの言葉を交わす。納得のいかないボールが行けば、大声を上げて悔しがることも多い。松井も13日のブルペンでは、自分の投球と会話するかのように言葉を発していた。

 途中、西武の大砲メヒアを右打席に迎えたことを想定し、6球連続でフォークを投じた。最初は「今のは右中間スタンドだ、完全に」とうなだれ、続いては投球前に「メヒア…浮いたら終わる」と自分に言い聞かせるようにつぶやき、絶妙の高さに決まって周囲から「ナイスボール!」と称賛の声が上がると、「今のは振るわ。わかったぞ。思い出した!」とうなずいた。最後は「キタ~! メヒア三振した、今!」と叫んでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」