野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 現役最強トラウトが移籍を志願しても「責められない」 エンゼルスの“努力不足”を米TV局指摘

現役最強トラウトが移籍を志願しても「責められない」 エンゼルスの“努力不足”を米TV局指摘

大谷翔平投手が所属するエンゼルスが低迷から抜け出せない。ポストシーズンに出場したのはア・リーグ西地区を制した2014年が最後。シーズンMVPを3度受賞し、現役最高の選手と称えられるマイク・トラウト外野手を持ってしても上位進出がままならない。そんな現状を憂いたのか、米TV局CBSスポーツは「トレードを要求するかもしれない選手」の1人にトラウトを挙げている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】

巨額契約のロッキーズからカージナルスにトレード移籍したアレナドを例にあげている

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスが低迷から抜け出せない。ポストシーズンに出場したのはア・リーグ西地区を制した2014年が最後。シーズンMVPを3度受賞し、現役最高の選手と称えられるマイク・トラウト外野手を持ってしても上位進出がままならない。そんな現状を憂いたのか、米TV局CBSスポーツは「トレードを要求するかもしれない選手」の1人にトラウトを挙げている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「CBSスポーツ」は、ノーラン・アレナド内野手が今オフ、ロッキーズからカージナルスにトレード移籍したことに言及。2019年2月、ロッキーズと2026年まで8年総額2億6000万ドル(約272億9000万円)の大型契約を結んだが、補強への消極的な姿勢に不満を募らせ、自らトレードを望んだとしている。

「球界には間違いなく他にもトレードを望んでいる選手がいる。所属球団の方向性に不満を募らせているかもしれないし、同じポジションの選手に出場機会を奪われているからかもしれない。もしくは自宅に近いチームに行きたいと思っているかもしれない。選手が放出を望む理由は数えきれないほどあるが、彼らがそういった要求を公にすることはかなり稀だ」とした上で、アレナドのようにトレードを要求したとしても間違いとは言えないとする4選手を挙げている。記事はまた「トレードを要求すべきだと言っているわけではない。彼らがトレードを要求したとしても納得できるということを言いたいのだ」と強調している。

 トラウトは「トレードを要求しても私は納得できるよ」的選手の象徴だという。唯一出場したポストシーズンは2014年のア・リーグ地区シリーズで、ロイヤルズに3連敗を喫して敗退。2016年からは勝ち越したシーズンが1度もない。2019年3月に12年総額4億2650万ドル(約447億6400万円)の超大型契約をエンゼルスと結び直したが「アレナド同様に、優勝争いできるチームを作ることに対する球団の努力不足に失望する権利を全面的に持つ」としている。

 エンゼルスは昨季、アンソニー・レンドンという大物内野手を補強した。しかし、ここ数年の投手補強は十分ではなく、良かったのは昨季加入したディラン・バンディくらいだと指摘する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」