大谷翔平が二刀流キャンプイン 地元紙はPO進出キーマンに指名「調子はどうか?」

キャンプインしたエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Los Angeles Angels of Anaheim】
キャンプインしたエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Los Angeles Angels of Anaheim】

チームもファンも「メジャーデビュー時の姿を待ち望んでいる」とも

 エンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、米アリゾナ州テンピでメジャー4年目のキャンプインを迎えた。今年初めてユニホーム姿を披露し、水原一平通訳とのキャッチボール、ケージでの打撃練習などに汗を流した。

 右肘のトミー・ジョン手術からの復帰を果たした昨季は右屈曲回内筋群の損傷で、投手としてはわずか2試合の登板。再び二刀流復活を期すシーズンを地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」も注目している。「ショウヘイ・オオタニの調子はどうか?」として、二刀流男への期待を綴った。

「エンゼルスとそのファンはオオタニがマジカルなスタートを切ったメジャーデビュー時の姿をまた見せてくれることを待ち望んでいる」

「エンゼルスはオオタニが100%健康な状態であると信じている。その通りであれば、エンゼルスが求めているローテーションの増強と、打線の中軸にもう1人の危険な打者をもたらすことができるかもしれない」

 昨季地区優勝したアスレチックスは主軸セミエン、救援右腕ヘンドリックスらが抜け、アストロズは主力のスプリンガーがブルージェイズへ移籍。15年から6年連続でプレーオフ進出を逃しているエンゼルスの上位進出を期待する声は高まっている。記事は「私たちはショウヘイが本当に戻ってきたのか評価し始めなければならない」と伝えている。チーム浮上のカギを握る男として注目が集まっている。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY