野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“楽天の佑ちゃん”がサイド転向で再出発 首脳陣が評価する「這い上がる姿勢」

オーバースローの本格派左腕投手として3年間結果を残せず、昨季オフに戦力外通告を受けた男が、サイドスローに転向し育成選手として再出発。楽天の渡邊佑樹投手は沖縄・金武町での1軍キャンプに抜擢され、日ごとに存在感を増している。早期の支配下登録復帰も夢ではない。

楽天・渡邊佑樹【写真:荒川祐史】
楽天・渡邊佑樹【写真:荒川祐史】

高い需要「支配下にすることを想定している」と石井GM兼監督

 オーバースローの本格派左腕投手として3年間結果を残せず、昨季オフに戦力外通告を受けた男が、サイドスローに転向し育成選手として再出発。楽天の渡邊佑樹投手は沖縄・金武町での1軍キャンプに抜擢され、日ごとに存在感を増している。早期の支配下登録復帰も夢ではない。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 横浜商大から2017年ドラフト4位で入団した渡邊佑だが、3年間で1軍登板は2019年7月25日の西武戦(楽天生命パーク)1試合のみ。9回に登板し、1回無安打2四球3奪三振無失点だった。制球難が大成を阻んだ格好だ。

 昨年11月の宮崎フェニックス・リーグでサイドスローに転向。その上で、いったん戦力外通告を受け、育成選手として契約を結んだ。背番号は「47」から「150」へと重くなったが、「1日でも早く支配下登録され、シーズンを通じて1軍でチームの力になりたい」と心に誓った。

 日本ハム・斎藤佑樹投手と同名で、甘いマスクも相まって「楽天の佑ちゃん」と呼ばれたこともある。右肘靭帯断裂を抱えながら復帰を目指している“本家”同様、渡邊佑も崖っぷちの挑戦ではある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」