野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日左腕・小笠原に立浪臨時コーチが“本気”の打撃指導「来年バッターになるか?」

中日の小笠原慎之介投手が18日、立浪和義・臨時打撃コーチから“本気”の打撃指導を受けた。練習を終え、グラウンドで遊び感覚でロングティーをしていると、ミスタードラゴンズが参戦。「力あるね」と目を見張り、投球に通じる下半身の重要さを説いた。

中日・立浪和義臨時コーチ(左)の指導を受ける小笠原慎之介【写真:小西亮】
中日・立浪和義臨時コーチ(左)の指導を受ける小笠原慎之介【写真:小西亮】

ロングティーをしているところに参戦「足が弱いなぁ」

 中日の小笠原慎之介投手が18日、立浪和義・臨時打撃コーチから“本気”の打撃指導を受けた。練習を終え、グラウンドで遊び感覚でロングティーをしていると、ミスタードラゴンズが参戦。「力あるね」と目を見張り、投球に通じる下半身の重要さを説いた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 右中間の柵越えを狙い、小笠原がバットを振っているときだった。「足が弱いなぁ。投げるのも一緒やで」と立浪臨時コーチの声が飛んだ。打撃も、投球も、踏み込んだ足に体重を乗せて力を伝える点は共通だと指摘。大きく股を開き、体重移動を意識したティーを提案すると、苦しそうな表情を見せる小笠原に「(踏み込む右)足の意識が全然ないな」とリアル指導に……。

 最後に間髪入れず10球連続で打つ高速ティーのトスも上げる熱の入れよう。力強い打球に「来年バッターになるか?」と水を向けると、小笠原は「もうちょっとピッチャーやりたいです」と苦笑していた。下半身の意識を伝えた立浪臨時コーチは「これ毎日やってみ?」との提案も。ローテを目指す6年目のドラ1左腕に「明日のピッチングが楽しみやな」と期待した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」