野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将、岸から即座に吸収、評価高まる楽天ドラ1早川 同僚「同じ人間とは…」

楽天のドラフト1位ルーキー早川隆久投手(早大)は20日、日本ハムとの練習試合(沖縄・金武)で初実戦に臨む。先発する田中将大投手の後を受け、2番手として登板予定。昨秋のドラフトで4球団が1位指名で競合し、新人王の最有力候補といわれる左腕に初実戦で求められるものとは何か――。

楽天・早川隆久【写真:荒川祐史】
楽天・早川隆久【写真:荒川祐史】

20日に実戦デビュー、2番手で先発・マー君からリレー予定

 楽天のドラフト1位ルーキー早川隆久投手(早大)は20日、日本ハムとの練習試合(沖縄・金武)で初実戦に臨む。先発する田中将大投手の後を受け、2番手として登板予定。昨秋のドラフトで4球団が1位指名で競合し、新人王の最有力候補といわれる左腕に初実戦で求められるものとは何か――。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2月1日のキャンプイン後、8度のブルペン投球と1度のフリー打撃登坂をこなした。これまで早川に対する周囲の評価は概ね、アマチュアNo.1左腕の前評判に違わぬものだった。

 まずは抜群のコントロールだ。内・外角のいっぱいのコースに投げ切る制球力を披露。「引地(秀一郎投手=高卒3年目・20歳)からは、『どうしてあんなにビタビタ決められるのですか? 同じ人間と思えません』と言われました」と笑う。

 一方、ブルペンを視察した他球団のスコアラーは“目”に着目。「マウンドさばきがテキパキしていて、目力が強い。そんなことは関係ないだろうと思うかもしれませんが、ボヤっとした雰囲気の投手は大概、明確なピッチングスタイルを打ち出せないものです。その点、早川君からはセンスの良さ、ぶれない意思の強さが伝わってきます」と断言した。

 実際、早川は普段から言語明瞭だ。田中将をめぐるフィーバーを目の当たりにしても「自分もそういう投手になっていきたい」と発言。激化する先発ローテーション争いについても「しっかり競争の中に入っていける選手でないと、今後楽天のエースの座を競っていけない」と臆せず言い切る。自分の性格分析も「基本的に“自己チュー”です。良く言えばマイペースですが、何かを追求し始めると我が強くなる」と明快だ。報道陣から「なぜ、そんなに思ったことを的確に表現できるの?」と聞かれ、「高校(千葉・木更津総合高)時代から取材慣れしているからかもしれません」と答える一幕もあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」